人材育成研修のデメリット

最適な研修でなければ効果が薄い

仕事の中で新しい知識を習得したり、技術を身に付けたりできますが、人材育成研修への参加も効果的です。ただ、最適な研修でなければ効果が薄いことをデメリットとして理解しておく必要があります。たとえば、新入社員向けの研修を入社してから年数が経過している社員が受けたとしても、すでに経験していること、理解していることなので参加する必要はないです。また、役職者向けの研修に新入社員や若手の社員が参加するのは今後を見据えるなら意味はあるものの、すぐに使用可能な知識や技術ではありません。ですから、人材育成研修は開催する目的だったり、対象となる社員だったりをしっかりと決める作業に力を入れることによって、意味のある投資となります。

社員の数だけ費用が高くなる

人材育成研修に参加すれば、社員の能力を高めて会社の成長に貢献してもらえるでしょう。しかし、参加する社員の数が多いほどかかる費用は高くなることを覚えておく必要があります。そのため、無理に多くの社員を参加の対象にするよりは、一部の社員だけに抑えるのがコツです。後は人材育成研修で学んだことを他の社員に伝えたり、教えたりすれば費用を減らすことができます。社員の数が多い会社ほど人材育成研修の参加者を抑える効果は大きくなるので、できるだけ費用を少なくしたい時や高いので困っている時におすすめします。ただ、社員の数が少ない会社の場合は全員を参加対象にしましょう。その方が講師からしっかりと知識や技術を学べるので、会社の成長に貢献してもらえます。

笑顔は最高のサービスだといわれています。販売の研修では、お客様とのコミュニケーションをスムーズに進めるために、さわやかな笑顔の作り方を練習しましょう。