効果的な研修の選び方

視野を広げられる研修を選ぶ

多くの企業にとって一番大切な資本はその職場で働いている社員であり、人材育成研修などに力を入れている企業はたくさんあります。内部研修をはじめ外部にも数多くの研修が企画されており、どの育成研修に参加させるかによって参加した意義に大きな違いが現れます。効果的な研修を選ぶためには、参加する社員にとって新しい発見と刺激を与える内容である事が重要なのです。

社員が新しい知識や技術を学べる研修はもちろん大切ですが、より成長していくためには今よりも視野を広げて新しい発想で考える力を身につけることが大切です。今の知識や技術を深めることだけでは無く、新しい分野や視点に立った研修を受けることは大きな刺激になります。今までは考えなかった視点で仕事へのアプローチができたり、より広い視野で仕事を捉えていけるきっかけにもなるのです。

職場へのフィードバックが出来る研修を選ぶ

研修を受けた直ぐ後は新しい知識を学んだ刺激や感動が大きく、仕事に対する意欲や発想なども膨らんでいる社員は少なくありません。しかしながらその研修を終えて時間が経過していくと、学んだときに受けた刺激や感動が薄れてしまいがちなのです。人材育成に効果的な研修を選ぶ時には、学んだことを職場へフィードバックできる研修を選ぶ事も大切です。

研修を受けた後にあまり時間をおかずに会議の場などで発表の機会を設けて他の社員に還元することは、研修内容を改めて復習するよい機会になります。学んだことをレポートで提出したり、学んだアプローチや手法を実際の業務に取入れて実践すれば仕事にも直接フィードバックできるのです。研修を受ける段階で職場へ何かしらの還元を行う取り決めをしておけば、参加意欲が高まり実践にも繋がっていきます。

接客マナーの研修は、ホテル業界や百貨店などの接客サービス業に携わる人が受けることが多いです。言葉遣いやお辞儀の仕方、接客のポイントなどを学びます。