対象者に合った研修にするためには

対象者が必要な研修を行う

対象者に合った研修にするためには、対象者にとって必要な研修を行うしかありません。例えば幹部クラスの社員にビジネスマナーに関する研修をしても、既に知っていることばかりです。もちろん、忘れがちなビジネスマナーを再び勉強するという意味では有益ですが、飛躍的な成長は見込めません。逆に、新入社員に難易度の高い研修をしても消化不良に終わる可能性があります。社会で戦っていく以上身につけなければならない知識だとしても、適切な時期があるはずです。一次方程式を学ぶ前に二次方程式を学んでも分からないように、新人の研修は優しい内容からスタートする必要があります。研修を開催する側の勝手な考えで内容を決めるのは、効果的ではありません。

苦手分野を消すような研修

研修に参加するのであれば、終わった時に成長を実感できるのが理想です。既に知っていることばかりを学んでも、復習になるだけです。苦手分野を消すような研修であれば、受けている側は苦しいかもしれませんが有益です。例えばコミュニケーションが苦手な場合、それを解消しようとするのはエネルギーが必要です。ただ、社会人としての成長は見込めるので研修は成功すると言えます。しかし、研修は大勢の社員が一斉に行うので一人一人に合わせることはできません。多くの社員が抱える弱みやこれから蓄えなければならない力などを把握して、研修の方向性を決める必要があります。社員も弱みを克服できるような研修になればモチベーションがアップして、力を発揮できます。

対人関係においてギクシャクして上手くいかないのは、他人との常識の微妙な違いが原因となっていることが多いです。接客のセミナーは、相対する人との関係における一般的な常識を教えてくれます。