効果が実務にいかされる研修にするためには

研修の内容で参加対象者を慎重に決める

仕事以外の部分で社員を成長させるには人材研修の実施がおすすめです。講師や教材を利用して仕事で活かせる知識や技術を学べるので、仕事の効率性アップや新しい分野への進出など、会社の利益に繋がります。しかし、準備が不十分で適当に開催した人材研修では効果が実務に活かされず、意味がありません。効果がしっかりと実務に活かされるようにするためには、研修の内容で参加対象者を慎重に決めましょう。年齢や実績、役職が異なる社員を全て同じ内容の人材研修に参加してもらうのではなく、内容で参加対象者を選ぶ方が学んだことを仕事で発揮してもらえる分、会社の利益になります。ですから、担当者同士で検討を重ねて開催するようにしましょう。

体験型の研修がおすすめ

効果を実感できる人材研修に必要なのは体験型にすることです。講師が一方的に話したり、技術を披露したりする内容でも効果はあるものの、見聞きしているだけよりは実際に体験する方が身に付きます。人材研修を体験する中で完璧に身に付けるのは難しかったとしても、やり方やコツだけでも把握しておけば実務の中で少しずつ精度を高められるでしょう。また、体験型の研修はしっかりと見聞きしていなければ実践できないので、社員を真剣にさせる効果もあります。どれくらい身に付いているのかを判断するには、人材研修に参加後の実績や仕事振りに注目しなければなりません。1か月後や3か月後、半年後などの期間で実績や仕事振りをチェックしましょう。

効果的な接客の研修に欠かせないのが「ロールプレイング」です。先輩社員や同期生をお客様に見立てて、より実践的な研修を行うことができます。