会社に合った研修にするためには

人材育成対象で違う研修内容

企業の業績は社員のパフォーマンスを人材育成を行い高めることで向上が期待できます。企業の成長に必要なのは人材の成長とも言えます。そのため人材育成研修は、その会社の社員に合った研修を行う必要があります。そのため人材育成対象者に行う研修には種類があります。社員によって人材育成で何を目指すのかも違い、人材育成の対象は新入社員をはじめ中堅社員や管理職です。社会人の基礎を仕事内容の専門性より、重視して人材育成が行われるのが新入社員です。中堅社員の目指す人材育成の目的は指示を他の仲間に出せるようになることで、新入社員とは違い一定の専門性も身に付けて行きます。また管理職は適切に部下の評価やマネジメントなどが可能な力を研修で育成します。

研修成功に必要ないくつかのポイント

人材育成研修を成功させるために必要なのは、まず人材育成の目的を明確化することです。研修の目的が次世代リーダーの育成なら、育成対象者として必要な定義を決めることです。そこから選抜して研修を行い、候補者としての意識付けを促すことや人材育成の目的を通達します。またもともとやる気があった社員でも、入社してからは指示待ちが当たり前のようになる場合があります。これは日本の会社の風土としてよくある光景で、会社のルールや前例に従った方が、自分で考え行動するよりも良しとする独特な考えが会社に定着しているからです。この場合では、社内ルールに納得性の高い評価制度の新設や、挑戦することを応援して失敗しても責めないなど、従来とは違う環境作りに取り組みます。

人材育成の研修を成功させるポイントは、ターゲットを絞り込むことが大切です。参加者のモチベーションアップにつながるほか講師の選定もしやすいというメリットがあります。